ROBE JAPONICA -ローブジャポニカ-


 ROBE JAPONICA -ローブジャポニカ-
 EAST 102:7/29-8/4

「今の日本をまとう」をコンセプトにした、原宿系メンズきものブランド
“ROBE JAPONICA”。
デビューしたての展示会の様子をご紹介します!



配色の鮮やかさ、デザインの遊び心など、女性から見ても羨ましくなるような
豊富なラインナップ。
全体的にカジュアルきものかと思いきや、デザインはもちろん、生地の素材や
加工に至るまでこだわりぬかれ、もはや“作品”とよぶレベルのきものに仕上がって
いるんです!

こちらはウール素材のもの。シックなチェック柄が素敵なのですが…

めくるとこんなにカッコイイ裏地がついているんです!!
しかも二枚の布を重ねたわけではなく、転写して一枚生地で仕立てているというのも
おどろきです!

ベルベット生地に大胆にオパール加工を施した羽織。
年代を問わず幅広く愛されそうです。

袖の片側に縫い付けられたストーンは、ブランドの象徴。

最初はきものだけの展開を予定していたそうですが、個性的なきものにあわせる
小物を探すのも大変…
ということで、ローブジャポニカさんでは羽織留めやかんざしなどの小物も
多数展開しています!
これなら女性でも身につけられそうですね〜

二枚の革を組み合わせた草履。つなぎ目がフラットでとてもきれい。
デザイナーの上岡さんこだわりのカッティング法で作っていただいたそうです。

ハイヒールの下駄。現代風のデザインながら、赤と黒の塗りで作られており
落ち着いた風合い。

アクリル職人さんとの魂のこもった共同作。
アクリルに削りを入れたり、左右入れ替えても楽しめるような模様にしたりと
ついうっとりと見とれてしまうデザイン。外国の方からも人気があるそうです!

デザイナーの上岡太郎さん(写真右)と取締役専務の小山和朗さん(写真左)。
ローブジャポニカはお二人の熱意と、それにうたれた様々な職人さんと試行錯誤して作られているブランド。
きものという歴史あるツールを扱いながら、革新的なものづくりをされているお二人。
これからの展開もますます楽しみです。

連日大盛況な展示会は8/4(火)まで。
手に取って、直接お二人とお話し出来るこの機会をお見逃しなく!

【出展スペース:EAST 102】

DF STAFF nakagawa