『あーとわーわ』

 『あーとわーわ』
 WEST 1-F:8/24-8/26

文化学園大学の学生さん11名による展示会のご紹介です!









皆さんが所属している学科は選択の幅が広く、自由度が高いことが特徴。
平面、立体、楽器など様々な作品ならぶことからも雰囲気が良く伝わってきます。
先生も積極的にやりたいことに協力してくれるそうで、とても素敵な環境の
中で制作をされています。

鈴木里奈さんの作品。恐竜に対する愛情が伝わってきます。
いつも可愛らしい恐竜を主に制作されていたそうで、さび加工のリアルな恐竜の骨
を模した半立体作品は今回はじめて挑戦されたそう。
放っておくとどんどん酸化が進んでしまい、調節するのに苦労したそうです。

宇津木千尋さんの作品。金魚、手、足をモチーフにした作品が多いそうです。
粘土で型をとり、石膏を流し込み、さび材をぬり…と工程は多岐に渡ります。
ひらひらと浮遊する金魚と、それを遠慮がちに追う手。
石膏という素材を使っているからこそ、ぎこちなさと柔らかさが面白く表現されています。

伊藤美夏海さんの作品。レースのカーテンを4枚使い、それぞれに着色して重ね合わせ
1枚の作品に仕上げています。
3枚目と表面のすぐ下にきらきらと光る筋は、サランラップを使用したそう。
淡くゆらめく水面が表現された、夏らしい作品です。

現在4年生という皆さん。自分の作品ではないものでもすらすらと説明がでてきて、
本当に良いチームワークだなと感じました。
これからそれぞれの道を進んで行っても、ぜひこのような機会を持ち続けていって
ほしいな、としみじみ思いました。

残念ながら会期後のご紹介となってしまいましたが、また次の機会を楽しみに
お待ちしたいと思います!

【出展スペース:WEST 1-F】

DF STAFF nakagawa