『3匹の音が動く森』 ういりお×小野めぐみ×藤田由香 [WEST1-A]


同じ会社で働いていた3人による、初のグループ展、写真、絵画、ライブペイント
とそれぞれの表現で魅せます!


仕事をする傍ら制作活動を続ける3人。5月くらいから企画、今回の出展に
至ったそうです。
それぞれ表現媒体は違いますが、自身の表現活動に対する情熱がとても
よく伝わってくるものとなっていました。


ういりお さんの作品。
カラフルかつリズミカルに配置された絵画は一見可愛らしく明るい作品のようですが、
よく見るとグロテスクに描かれているものが多数。
人が持つ表面だけでは分からない闇の様な部分を表しているかのようで、
じっくり見たくなる作品ばかりです。


こちらもカラフルですが、やはりどこか不気味さを含んでいます。
そこがういさんの作品の魅力。


藤田由香さんの作品。
写真は10年程撮っているそうで、その表現力は写真からも見て取れます。
虚構と現実の狭間のようなもの、どこか危うさを含んだ不安定なものに
惹かれるという彼女、作品もそういった印象のものをよくとられるとか。

確かに、人や何か負のイメージのものが写っているわけではないのに、
どこか寂しさが漂っていますよね。


こちらの作品もまさに、夢と現の狭間のような儚さを感じます。


今回ライブペイントをしてくださった小野さん。 これまでは映像作品に色を
つけるといったパフォーマンスをしてきた彼女、今回絵を描く、という
のは約10年ぶり。

今回してくださったライブペイント、葉っぱの部分は、お客さまに
入れてもらうというインタラクティブなものになっています。
色の付け方から手の付け方まで様々。個性がでます!

基本的に手形ありきで幹部分などを描いていくので、ご本人もどういった
絵になるかわからないのです。

完成作品を見るのがたのしみですね^^

手形をつける瞬間を激写!
偶然別の部屋で展示をしていた小野さんのご友人です。
手に絵の具を塗る感覚は、普段しない行為な分、開放感がありそうです...!


 『3匹の音が動く森』 ういりお×小野めぐみ×藤田由香 [WEST1-A 8/7-8/9]

展示は本日まででしたが、またみなさんの作品にお目にかかれることを
楽しみにしたいと思います!^^


【使用スペース:WEST1-A】


DF STAFF ASUKA