猫と娘と猫娘の《安藤 鳳虎・一人展》


安藤 鳳虎・一人展》
2015.6.14 - 20
WEST 1-G

美しき猫娘を描く安藤 鳳虎の初の個展
安藤 鳳虎・一人展」の紹介です。

まずは安藤さんの自己紹介を紹介。
嬉しさ半分緊張半分と語られておりますが、
堂々と「一人展」と銘打つだけの見応えのある作品展です。
この入口に貼られたフライヤーから、もう中を覗かないわけにはいかない気にさせます。

そんなわけで、ブースの中も紹介しましょう。
まず、猫です!
撫でたいです。

猫娘です。
猫もいます。

更に猫娘です。
撫でたい愛でたいです。



ファンタジー性と普遍的な美しさが混じり合うようなこの感じは
「絵」ならでは表現のような気がします。

イラスト的作品ですが、それほどいやらしさを感じないのは、
エロスよりも美しさが前面に出ているからでしょうか?

安藤さんが求める「最高の美」。
その究極の美がどのようなものか、これからも彼の作品から目が離せません。


安藤 鳳虎・一人展」はWEST 1-G にて6月20日まで展示中です。
ぜひ、間近で「美」を堪能ください。

【今回ご出展いただいたスペース: WEST 1-G