『 第二変 -混沌ノイローゼ-』 叶世-kanase- [WEST 1-D 5/22-5/24]

『 第二変 -混沌ノイローゼ-』 [WEST 1-D 5/22-5/24]

自分の内にある闇の部分を作品へ投影するアーティスト叶世。彼女の第二回個展
をご紹介します!
ポートレートを中心とした写真作品と、墨を使ったインスタレーション作品を展開して
いる叶世さん。本格的な制作活動は2014年のDFギャラリーでの個展でした。

二回目となる今回は、空間ポートレイト写真を中心とし、空間全体を使った
インスタレーションの精度も高くなっています。
スペースもダークな雰囲気がより強く、彼女の世界観もより濃厚なものに。

「視線」というものの闇のイメージや、誰もが内に秘める闇や汚い部分というものを、
彼女は作品を通して露にしていきます。

スペース内暗く、一見アングラな雰囲気も漂いますが、これは誰もが普遍的に
心の中に持っている光景のような気もしてきます。




人物写真では、他人を撮ることはめったにないそう。
「自分の表現したいことは自分が一番分かっているから。」
だからこそポートレイトにこだわるのです。

目から惜しげも無く滲み出す「黒いもの」。
黒のペイントの素材は墨。
この墨の滲み具合が彼女の表現するものによくマッチしています。
口程に物をいう人の「視線」が持つ怖さをダイレクトに感じます...


ダークアートと自身で称する彼女の作品は、不気味な雰囲気もありながら、
確かな美しさが混在するからこそ、魅力的なのではないでしょうか。
『 第二変 -混沌ノイローゼ-』 叶世-kanase- [WEST 1-D 5/22-5/24]

個展は本日まで開催中!今後の活動も期待したい叶世さんの作品はこちらから
チェックできます^^

※初個展ブログはこちら

【使用スペース:WEST 1-D】


DFG STAFF ASUKA