ピッカー、ニガムシ、木村きこり 『Like』 [1-A:3/26]

同じ学校で油絵やデザインを学ぶ三人の展示です。


まったく違う作風の三人が、好きなものを思い思いに展示しています。

ピッカーさんはキャラクターを描いています。

 自分をポメラニアンだと信じて疑わない女の子「ポメ」や、ポップな死神の男の子とおっちょこちょいの執事など、たくさんの魅力的なキャラクターを描いています。
特筆すべきは、ピッカーさんのキャラクターへの愛!
気になるキャラクターがいたら、是非性格やエピソードを訊ねてみて下さい。
饒舌トークでキャラの魅力を語ってくれます!!
http://originalflatworld.web.fc2.com/top.html

50号でさえはみ出しそうな勢いで油絵の具をキャンバスに塗りたくっているのは、木村きこりさんです。
去年10月のツノ展で発表していた作品を覚えている人もいるかもしれませんね。
一度見たら、忘れられない独特の筆致です。

今回は、メイクをテーマにした3作品を展示。
メイクにまつわる自意識の問題や社会性を、大胆な筆致でアイロニーたっぷりに表現。
しかし、「醜」を表す顔面の表現(絵の具の混ざり具合)が、なんとも味があって絵画的な美しさとなっています。
本人も「もっと大きい絵が描きたい」と言っていましたが、この勢いでどんどん攻めていって欲しいです!!!

 ニガムシさんは、うみうしと魚のアクセサリーを出展しています。

普段はあまり立体を作らないのですが、今回の展示では雑貨に挑戦したそうです。
透かすときらきら光り、海らしさが出ています。
小さなうみうしの描写の細かさや作りの丁寧さ、繊細さは、今回が初挑戦とは思えない出来です。
作品サイズが小さく、スペース内で目立ちにくかったので、その点はもったいないなと思ってしまいました。

三者三様。これからもそれぞれの個性を大切にして、自分の「Like」を追求して下さい!

三人の展示は残念ながら今日のみですが、ピッカーさんは、次回の學展にも出展予定!
是非「ポメ」を見かけたら、走りよってみて下さい!

學展詳細
http://www.gakuten.jp/

DF STAFF KOZUE