にゃんこ誕生祭 ~にゃんこ涙の理由~



作家:aico(あいこ)さんのラクガキから生まれたキャラクター
「にゃんことみーこ」
この物語の主人公のひとりである“にゃんこ”の誕生祭を
WEST : ART POCKET にて開催中!!

憂いのある彼の過去とは一体?






にゃんこ プロフィール
年齢:5さい 住所:鎌倉 性格:やさしくておっとり
好きな食べ物:クリーム 嫌いな食べ物:くさいもの
特技:ホイップとデコレーション 趣味:カフェ、きのこ狩り 夢:パティシエ

と、冒頭ではシリアス路線で進めるのかと思いきや
会場にはどどーん!とどでかいにゃんこが居座り、
なんだろう、この大物感は。(写真右手)
どでかいにゃんこはデザインフェスタ等でも飾られている作品で、
過去、ご覧になった方もいるかもしれません。

彼はにゃんこであると同時に、
この店、この展示会の看板の役割を与えられているのです。




さて、続いてご紹介するのは小さな木製パネルに描かれた
にゃんこの過去を振り返り、描いたイラスト作品。

こちらのイラストは以下でご紹介する絵本内に使用されているもの。





絵本「にゃんこの旅立ち」
※展示会場にて販売しております。




人は時の経過とともに外側と内側が変化して行くけど、
にゃんこだって、キャラクター達だって、同様に変化する。

外見というのは時に恐ろしい程、事実を誤認させ得るもので。
可愛らしい外見は、過去の出来事を全部覆い尽くすこともある。

この絵本は、にゃんこの過去、事実を知らせるとともに、
彼への想いの色や形を変えるきっかけになる。




そんな感傷的な気分を抱えたまま、
視線を左に移動させると、この通りである。
でっぷりした顔やお腹を突きたくなるのは、
毎度のことであり、来場されるお客様も同じく。

しかも見るだけでなく、
購入し、うちの子にすることも可能なのだからお優しい。




そして毎回印象的なディスプレイ。
aicoさんが用意されるディスプレイ用品は、
現実世界に形を成したキャラクターたちの単なる台座ではなく、
遊び場や住まいとして機能するようである。

彼等、マスコットブローチがおさめられたこの場所は、
101号室とか102号室とか、小さなアパートの一室。
ワンルームに六匹なんて部屋もある。




イラストの外側から、
一言突っ込みたくなったり、
微笑ましく見守りたくなったり。

完結した事実にどうにか鑑賞者として関わることができないものか、
毎回作品を拝見していて思ってしまう。

そして、
その思いが生まれたということは、鑑賞する私が、
彼等を単なるイラスト作品のモチーフではなく、
実存する一匹、二匹として認めてあげられた、ということだと思う。




完成した作品を直視するのはもちろん大切だけど、
彼等がどうやってここまで大きくなれたのか?
生きてこれたのか、を知ると楽しみ方は増えて行く。

勿論、それは作品を鑑賞する場合に限らない。

だから鑑賞者として何かに触れるときには、
可能な限りの興味と好奇心を持って触れていたい。

愛嬌のあるにゃんこの顔に浮かぶ
涙の理由を知るために。

aico 『にゃんこ誕生祭~にゃんこ涙の理由~』
会期:2015.2.6 - 2015.2.8


(ぱんだ)