クーパのだいじなもの


桜木理加

『クーパのだいじなもの』
2014.12.20 - 2014.12.26
WEST アートポケット

"ある夜のこと、クーパはあることを思いついたのです。 
それは、パパとママには、ひみつのことだったのです。"

ちび犬クーパの小さな冒険を描いた絵本を作られている桜木さん。
絵本と原画による展示会をご紹介します。



全編を通し鉛筆だけを使って描かれており、
画面を通して伝わってくる画面へのこだわりが伝わってきます。

細やかなタッチでただ白と黒の2色だとは言わせない。


こちらがその絵本。
「クーパのだいじなもの」
お値段も手に取りやすい価格です。


印刷物で見るのとこうして原画を見るのではやはり別物です。
紙の表面に乗った鉛筆の黒(黒鉛)は色は、いつ見ても温かみを感じます。





児童向けの絵本ではありますが、大人の方にも童心に返って見て頂きたい内容です。








色が乗るとまた違った雰囲気ですよね。
児童教育に於いて絵本の重要性についても考えさせられる機会となりました。

ぼくも小さな頃、絵本を読んでもらうのがすごく好きだったのを覚えています。
こうして素敵な絵本が世に広がっていくといいですね。

・webサイトはこちら
http://www.konpeibox.com/

・twitter はこちら
https://twitter.com/azulpop


(chida)