GINGER ALE JAM



EXHIBITION :「 GINGER ALE JAM 」

ピリ辛女子4人組による展示会。

SPACE WEST : 1-B






日本のロックバンド"くるり"も歌っていた。
ジンジャエールという炭酸飲料が持つ、
魅力とは何だろう。

甘ったるいカラメルの味、
舌を刺激するジンジャーの刺激、色。

ジンジャエールに溶けて、
見えなくなってしまったものたちのこと。


「 ピンクの宇宙 」
伊緒さん


複数毎のパネルにて構成される今作品。
テレビや雑誌でも見たことの無い、
鮮やかで濃厚な宇宙だ。

彼女には、こう見えているのか。
赤みがかった瞳を通して、
宇宙や世界はこんなにも色付いて見えるのか。




パネルの一枚毎、個別に目を向けると、
また異なる情景である。

宇宙に居た、と思っていたが、
もしかしたらここは地上なのかもしれない。
ピンク色の雲の層が裂けて、
淡い朝焼けが見えてきた。

その現象こそ、彼女それである。


ERIKO IIDAさん


イメージとはそれぞれに与えられた固有のものである。

が、私の思う「ジンジャエール」の色は、
正に、この方の作品であった。

深いブルーと眩しいイエローの組み合わせ。
また程よく丸みを帯びた輪郭線。




具体的な形をまとおうとして、
ちょっと違うものに変化してしまったような。

星新一の小説に登場する、
ありそうで実は無いものとか。

届きそうで届かない、
その絶妙なものたち。



Ropp(ROPPONGI YASUKO)さん


多数のドローイングが貼り付けになっている。
四肢を忘れてしまった者もいるし、
一部をすげ替えられてしまった者もいる。

この紙の上では、それら全てが有り。




描かれた人物/動物たちは皆、
己の運命やすべきことを理解している
そんな表情だ。

もしそれが私達にとって可笑しいことだとしても、
私達の常識の外側にあるだけであって、
全ては何時だって平常運転中なのだ。


yuka ogawaさん

赤いボーダーのTシャツ、
青いロングスカート、サンダル。

出かけ先でふと腰を沈めて、
熱心に何かの情報を眺めている。

羽根を生やした妖精みたいな子たちは、
その情報に面白さが隠されているのではないかと、
興味津々だ。




こちらは yuka ogawaさんが制作されている
漫画原稿の一部。
yuka ogawaさんの作品の中には、
日常の隙間に不思議な1コマが挟み込まれている。

その1コマが日常に与え得る影響力、
優しく響く作品。


8/24(SUN)までの公開

(ぱんだ)