“ 窓辺の女の子 ”


蒼井スナオ “窓辺の女の子”

WEST 2-B
2014.7.19 - 2014.7.21


スカーフをなびかせて 廊下を走る

花瓶の水がこぼれて ノートは汚れてしまった

ポケットには 色とりどりのキャンディー

上履きのまま かくれんぼ

晴れやかな毎日の中で

わたしたちは 透明になっていく



蒼井さんの写真にはセーラー服を着た女子高生が多く登場する。

掠れた記憶の産物のように輪郭はぼけ、光の境界は迷っているように曖昧だ。


何も特別なものは写っていない。

日常にごくありふれたもので、誰もが身近に感じるもののはずなのに、どこか遠く感じる。

近いようで遠いこの距離。

いったい、何の距離だろう。

まるで過去の自分と対峙するような感覚。

目を背けたくなってしまうような感覚。



個性を大切に、と言って育てられる。

個性?個性とは何だろう。

学生の頃は、少し奇を衒った言動で個性を表現することができたかもしれない。

社会に出れば、なかなかそうはいかないことも多い。

社会に出て気付いたことは、大切なことは個性よりも協調性であった。

個性?個性とは一体何だろう。

個性とは、薄れていってしまうものだろうか。いつかなくなってしまうものだろうか。

たとえば服や髪型で個性を表現すると言うが、服は服。髪は髪。なら、脱げば、切れば、皆同じか。

そんな葛藤を高校時分に感じたという蒼井さん。

この疑問に答えを出す必要はなく、この葛藤そのものがセーラー服と共鳴する。



展示会は本日7/21(月)まで。
お時間のある方は是非ご覧ください。


- chida -