カレンダーは止まった。



おおさわようすけさん
鈴木愛美さん

二人の作家が描いたのは、
"日常的な生活や部屋の中にある記憶と思い出をモチーフにした作品"

『カレンダーは止まった。』



「空白」
はじめてみたけしきをおぼえてる?
Do you remember the first sight?
おおさわようすけ


「RIVER」
あのときとなりにいたのはだれだっけ?
Who was that beside you?
おおさわようすけ

「WINGS」
せなかたのはねはどうしたの?
What happened to your wings?
おおさわようすけ


「なんとか笑っています」
鈴木愛美


「今はどちらにお住まいですか」
鈴木愛美

「それでは行きます」
鈴木愛美



" カレンダーを止めて過去を見つめに来てください。
今やこれからのことを考えるきっかけにもなるはずです。"



今を形作る大きな要因は、
コンセプトにも挙げられている過去であると思う。

記憶の引き出しを開ける行為は、
同時に自身が自身を見つめ直す行為になる。

鑑賞する側に居る私達は、
二人の作家が提示した過去を見つめて、
そして自身の過去を見つめ直し、
また前向くのです。

自分は何を持っていたっけ?

そう考える為に、カレンダーは止まる。

本日 7/20(日)が会期最終日となります


(ぱんだ)