チャウテセイ『ぬいぐるみのお医者さん展』

チャウテセイ『ぬいぐるみのお医者さん展』
2018.2.9 -  2018.2.13
[WEST 1-B]


長い間一緒に過ごしたぬいぐるみ、ぼろぼろになってしまったぬいぐるみ、修理を断られてしまったぬいぐるみ...そんな大切なぬいぐるみたちが、これからもずっとあなたと一緒にいられるよう「ぬいぐるみのお医者さん」として活動しているチャウテセイさん。
チャウテセイさんの創作する『さんさん村のなかまたち』のやさしい世界へ、是非足を運んでみて下さい。



 

どんな人にも小さい頃大切にしていたぬいぐるみがあったかもしれません。
大切にしていたけれど、泣く泣く手放すしかなかったぬいぐるみ、
プレゼントされたものだったのに、いつの間にかどこかへ行ってしまったぬいぐるみなど、
思い返せばそんなぬいぐるみがひとつやふたつ、誰にでもあったのではないでしょうか。



チャウテセイさんの展示を見ていると、そんな懐かしくて大切だった筈なのに、
忘れてきてしまったものを思い出させてくれるような気がします。


"大切なぬいぐるみたちがこれからもずっとあなたと一緒に居られるように"という想いが込められているからでしょうか、とてもやさしく暖かな雰囲気が感じられます。



チャウテセイさんの手によって、思い出はそのままに、まるで新品のように生まれ変わった数々のぬいぐるみたち。中には一緒に旅行に連れていってくださったお客様の写真もディスプレイされていました。生まれ変わったぬいぐるみと共に、これからたくさんの思い出が生まれるよう願ってやみません。


これまで「ぬいぐるみのお医者さん」にかかったぬいぐるみたち
http://chau.chu.jp/sample.html


チャウテセイのなかまたちが暮らす「さんさん村」

小高い丘には陽がさんさんと降りそそぎ、木々がきらきらと輝きます。
音楽のように耳に聞こえてこないけれどごはんのようにお腹をいっぱいにできないけれど君が上を向いていない日も君の見えるところに一緒にいられますように。
人々に寄り添っていける懐かしいぬいぐるみをコンセプトにさんさん村にくらす仲間たちは今日大切に縫い続けられています。
さんさん村の陽が、君にも惜しみなくふりそそぎますように。



展示は2/13(Tue.)までとなります。
ご来館お待ちしております。




プロフィール

<チャウ>
東京都豊島区出身。
ぬいぐるみ作家/ぬいぐるみのお医者さん。
父はシューズデザイナー、母と祖父母は婦人服のテーラーメイド業という家庭に生まれる。
1985年にそんな両親、両祖父母の影響とふんだんにある資材で縫いものをはじめ、
1997年よりオリジナルパターンでぬいぐるみ販売を始める。
2006年に「ぬいぐるみのチャウテセイ」として活動開始。
オリジナルキャラクター・さんさん村のなかまたち他、チャウテセイの総合的なプロデュースを行う。
縫製歴:33年 好きなさんさん村キャラクター:砂山のおばけピャウエル
Website:http://chau.chu.jp/(こちらのサイトからオーダーも♪)

<SOU(SoSOLAR)>
SOU栃木県高根沢町出身染色、イベントSTAFF等
イベントSTAFF他、ファーの染め、パチャナオーくんのしっぽの製作を行う。
2014年にぬいぐるみのチャウテセイに参加
また、自身のブランド、マクラメアクセサリーSoSOLARの作家
好きなさんさん村キャラクター:フクロウのぺエ

<よこたん>
服飾担当
文化服装学院卒
チャウによりデザインされた、さんさん村のなかまたちのお洋服等を作っています。
縫製歴:44年
好きなさんさん村キャラクター:うさぎのラシー


【展示スペース:WEST 1-B】

DESIGN FESTA GALLERY 原宿
Staff Jun