シブフォト『シブフォト 4人展』



シブフォト
『シブフォト 4人展』
2017.1.15-2017.1.21

渋谷のとある写真学校で出会った4人によるグループ写真展。
渋谷で出会ったから『シブフォト』。それに加えて「渋(シブ)めを目指したい」という意味も込められているのだそう。
それぞれの年齢も違えばそれぞれのバックボーンも違う、写真が好きな人たちの写真展です。

1枚目の作品は佐藤真也さんによる作品。
コーヒー好きにはたまらない職人の雰囲気漂うポートレート写真ですね。





家族に禁止令を出されるほどポテトチップスが好きな小林もなこさんは、その行き場の無くなった想いを写真に込めたポートレート作品を展示。

思い思いに、さまざまなシチュエーションでポテトチップスを食べる女性たちに自身のポテチに対する情熱を投影しているようです。




雨の波紋に壊されては戻る木漏れ日の移ろう姿を捉えたまるやまとしひろさん。
モノクロで撮ることでよりディテールが研ぎ澄まされている印象をうけます。

黒と白の濃淡だけで表現される光が、まるでそれ自体が意思を持っているかのように生き生きと輝いています。




「写真学校で出会った4人」と紹介しましたが、こちらは5人目のメンバーThorben Grigullさんの写した新宿の街。

近年海外からの観光需要が増え一躍人気スポットとなった新宿ゴールデン街でしょうか。
日本人にとっては当たり前の、ともすれば古くさい風景も海外からきた人々の目には新鮮に写ります。そんな高揚する気持ちが写真からは伝わってきます。




最後に紹介するのは橋本浩二さんの作品。
二つとも暗闇に煌煌と光る照明に照らされた人物の表情が印象的です。

左側は渋谷の路地裏をスナップした作品なのだそうですが、こうやって切り取ってみると渋谷だということは分からないかもしれません。
都市の死角にある見落としがちな風景を写す、これぞスナップの醍醐味です。


展示は今週土曜日まで開催中。
どれもユニークで見応えのあるグループ展ですので、是非足をお運びください。

【出展スペース:WEST 1-F】
DF STAFF isaka