白鳥ちたる [WEST 1-B 3/1-3/7]



超現実の世界を描きながら、陰と陽の世界の狭間で写実表現と魅惑的なカラーを
操る白鳥ちたる。白でもなく、黒でもない、ものごとの「曖昧さ」を表現する
彼女の個展をご紹介いたします。



非現実的な状況や物質が描かれるちたるさんの絵画。
形而上的、哲学的な描写は現代のマグリットといった印象を受けます。
それでいて極めて写実的な描写の中には醜さと美しさ、夢と現、明と暗すべての対極が
共存しており、観る側の好奇心を捉えて離さない。

この、極みを選ばない「曖昧」さが彼女の絵画の根底のひとつにあります。

物質的なものを超えて、揺れ動き続ける人の精神や心理を鮮やかに表した絵には、
これらが私たちの頭の中に存在する現実であることを、改めて感じさせられました。


小難しいことを言ってすいません、もちろんもっと気軽に色合いやファンタジックな作品としても楽しめる作品ばかりですよ。


空の色合いがなんとも美しい。
グロテスクなようでいて、見ている側に寄り添ってくれる優しさも感じる作品たち。



彼女の作品モチーフに多い、人物の頭が手になった作品たち。
二科展にも入選されたものとのこと。
下の3作品は反響も大きく、3点揃えて展示することが多いそうです。



私自身、この作品たちはついついずーっとみてしまいました...!

銀座での個展開催時に描いたこちらの作品は、場所柄も意識して制作したとのことで、
他作品とはまた違ったテイストが魅力的。
原画は海外のお客様が購入されました!
リコリスという名の花で、実物もこういったピンクに青色が混じった色なんだそう。


グッズ販売も行っておりました〜。
ブローチや鏡、トートバッグなどなど。


こちらの、東急ハンズにあるパズルを作れる機械「PUZZPRI」で作ったとのこと。
こんな機械あるんすね!!
私もやってみたいです。パズルにしたいものないけど!!
みなさんもぜひ^^

ちたるさんの個展は本日までとなりますが、近日中にさくら亭エントランスギャラリー
への展示が決定しております。実物をご覧になりたい方、ぜひさくら亭へ!

また、色合いから春、夏によく合う絵と言われるそうで、次回は夏の出展も検討中との
こと。グループ展等も企画中だそうですよ。
今後の活動情報はウェブサイトでチェックしてみてくださいね^^

白鳥ちたるウェブサイト


【使用スペース】

STAFF ASUKA