装飾工房her the magickyard『Studies』

『Studies』
 装飾工房her the magickyard
 EAST 203:9/10 - 9/13

「失望」という感情をフリルやリボンとダークな色合いで表現する、
作品制作グループ “装飾工房her the magickyard”さん。
独特の世界観が演出された、展示会のご紹介です!



リーダーの工藤 繭さん(写真中央)、笹原蛙都さん(写真右)、狐山櫛乃さん(写真左)
からなる“装飾工房her the magickyard”。
「失望」からうまれる感情を描くことをコンセプトにしており、平面、立体作品から、
衣装を身に着けたメンバーがパフォーマンスまで行うというとてもアクティブな
制作グループです!

装飾工房her the magickyardさんの世界をご紹介します〜↓

舞台はここではないどこか。
「狭間」という場所にある、ちいさな魔女のちいさな工房。





工房のなかは、工藤さん作の「失望」をテーマに描かれた半立体の絵画作品で
埋め尽くされています。
パステルカラーと黒や赤の強弱の激しい色が混ぜ合わさり、うねりながら飛び出した
立体。失望から生まれた怒りや虚しさにのまれる様子を表しているかのようです。

魔女の使い魔のかえるときつねは、今日もせっせと編み物をしたり、裁縫をしたり。
工房のいつもの様子を見る事ができます。

作品を通じて、失望し傷付いた人々の心に少しでも救いがもたらされることを目的としている”
装飾工房her the magickyard ホームページより)

「失望」というコンセプトはマイナスにとらえられてしまうかもしれませんが、
彼女たちは失望を経験した人たちが救われることを願い、様々な表現方法に
挑んでいます。
ちょっとダークでかわいらしい…だけではない、3人のつくりだす世界観。
展示会は明日12日(日)まで。ぜひ、会場で体験してみてください!

http://themagickyardfor.her.jp/
Twitter


【出展スペース:EAST 203】

DF STAFF nakagawa