『おもしろおかしい古着再生計画』


よろずリメイク PinzoRo/THE People in IWAKI

2014.7.1 - 2014.7.4
WEST アートポケット

今回もたくさんのリメイク作品を引っ提げて展示会を行いました。
PinzoRoさんのステキな作品をご紹介します。



数々の作品を日夜生み出しているPinzoRoさん。
手に入れた古着、古布は数知れず。


こちらは福島県いわき市の80歳を超えた方々が編まれた布わらじ。
伝統的な手法で編まれるわらじはとても頑強で、日常使いするにもとても勝手がいい。


PinzoRoさんのお家芸。猫ばさみ。
洗濯ばさみなどの代替品と使えば洗濯物を干す時間も幸せになれるかも。



そして今回特別展示販売品はこちら。

北海道のお土産でしょうか?
一見すると、どこのお土産屋にでも売っていそうな味のある観光地図に見えます。

が、しかしよく見てみると青函連絡船がでかでかとプリントされています。
この、青函連絡船というのは1908年(明治41年)から1988年(昭和63年)まで、青森県青森駅と北海道の函館駅を結んでいた鉄道連絡船であるようです。



つまり、どんなに新しく見積もっても、この地図は1988年以前のものであることは確実なようです。
26年以上前は確実ってことですね。

詳しい人は、この絵の中の情報から更に細かい年代までわかってくる方がいるかもしれません。
もしそんな人がいたら、ぜひご連絡いただければと思います。


なぜか青函連絡船とほぼ同等の大きさで描かれているコンブ。
すごいですね、この文字の雰囲気。なかなか出そうと思って出せるものではありません。



毎度、使い道を失った古布に新たな命を吹き込むPinzoRoさん。
今回の展示も面白さや感動あふれる展示会でした。



(chida)