佐野恵一展



ハザードシンボルがプリントされたマスクをかぶって
さながらプロレスラーの彼は、
海辺であいつをやっつける、
出た、ナイフだ。

佐野恵一さんのイラストレーション作品が
これでもかと壁に貼り付けになった個展、開催中!!






スペースに入って一番最初に目についたのは彼。
ここでは彼のことを「A」と呼ぶ。

某アメリカを思い出させるAは、
もちろん、某アメリカでは、ない。

写真でもお分かりの通り、
制御が追いつかない作品が壁を占めているのだ。
彼が脂汗をかく理由も容易に想像がつくし、
同情さえする。




もうおわかりでしょう。
恐ろしい数の作品が来場者を四方から出迎えてくれる。
なんてハッピーな展示。
視線を少しずらしただけで、
また違う刺激的な作品と出会える。




かわいいウロボロスである。

皆が同じ方向を向き、
くわえ、くわえられの関係性の中に居る。

地平線の向こうまで同じ光景が続き、
最後は地球を一周するのだ。
たぶん。




でもでもでも!
絵柄にだまされちゃいけません。

その駆け抜ける作品たちの全ては、
とても丁寧に描かれているのだ。

一つの作品として完成/定着させることを意識し
一枚一枚、向かい合って完成させた結果である。




ほんのちょっといらっとするかもしれない
(※私はしなかった)

もし、彼らと一緒に生活することが叶うなら
かわいいウロボロスと一緒に過ごしてみたいな。

頭をからっぽにしてご覧になって。
目が離せない作品を見つけたら、
是非、佐野さんに伝えてみよう。
その為に見に来て欲しい。

いやぁ、とても良い。


2014/7/7までの公開

(ぱんだ)