外国人が本気で考えたオリジナルお好み焼きとは!?


デザインフェスタギャラリーのお隣にあります”さくら亭”。
お好み焼き屋さんです。

いつも香ばしくておいしそうな香りを漂わせています。

そんなさくら亭が新メニューを出したそうで。
”外国人が本気で考えたメニュー”です。

お好み焼きって、地方によって違うのですが、
外国だとどんなになっちゃうんでしょ??


まずはドイツから








チョリソーにポテト。
まさにジャーマン。
ビールと合いそうです。



次はフランスです。




え!
なんで?
フレンチじゃなくてイタリアーノ。
ユーロということにしましょう。
あっ、でもさっきドイツがあった。。。




スペインはこちら





魚介がくると思ったらそっちですかー。
スペインオムレツ。
なるほど。
お好み焼きも英語だとJapanese omletっていう時もありますもんね。
マヌエルさんのコメントの新感覚オコっていうのが気になります。




次はバングラデシュ!


これまた、マハラジャってインドかと思ってましたが。
うん、細かいことは置いといて。

特製マサラがおいしそう。
かなりのオリジナリティー。
味が想像できません。



最後はエジプト!




エジプトの民族料理コシャリがそばめしに。
豆と日本人が知らないシ―ズニング。

コシャリとはなんだろうと気になった方は
食べてみるべし!



イギリス人スタッフナイジェルがもしイギリス風のお好み焼きを考えたら?
フィッシュ&チップス??
ではなくイングリッシュチーズを入れたものにするそうです。

外国の料理で日本風にするといったらどうなるんだろう?
納豆?
お寿司?
しょうゆテイスト?
みそテイスト。

なんだろう??

いっぱい出てきますね。

でもピザがすでに日本風になってますね。
もちとか、焼き肉とか、チキンとか、明太子、パイナップル、
シチュー、カレーとかなんでものっかってます。
イタリア人もびっくりです。


食べたことのない味はワクワクします。
ぜひこの機会にさくら亭のスペシャルメニューお試しくだされ!


まいこ