このブログを検索

女子美術大学『女子力展』展示紹介 -EAST 2階編 -


➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎

女子美術大学『女子力展』
会期:2019/9/6(金)〜9/8(日)
時間:11時〜20時(最終日17時まで)
会場:デザインフェスタギャラリー原宿WEST館/EAST館 全スペース

➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎➡︎

女子美術大学がキャンパスを飛び出してデザインフェスタギャラリー原宿をジャックする大規模学外展『女子力展』が今年も開催!

3年目となる今回はなんと300名を超える女子美生が出展、過去最大のスケールでとてつもない数の作品が集まっています。会場はさながら「女子美術大学原宿キャンパス」と化しています!

こちらのブログ記事では、そんな未来の芸術を担う若手アーティストたちの作品を一挙に公開!ぜひお気に入りを見つけて、原宿まで足をお運びください。


 EAST館2階では約70名の学生さんが個人ブース、グループブースで出展中!



ブースでペインティングしている学生さんを発見!
初日にブースに伺いましたが、作品が売れてしまったため、ブースでも制作されているそうです。
女子力展では、学生さんがブースで制作している姿もちょくちょく見かけますよ。



こちらでは、変身する女の子たちをテーマにしたイラストレーション作品が展示されています。
女子力展に向けて制作されたシリーズです。
今回が初女子力展とのこと!楽しんでください〜ッ!



会場内では、その場で受注制作する形式のブースもちらほら。
こちらのブースでは好みの女の子の特徴を伝えてると描いてくれるそう!
ぜひお願いしてみたい♪



テーブルいっぱいに並べられた作品やグッズは、8人の学生さんによるものだそう!
見るだけでも楽しくなってきちゃいます。



LINEスタンプを作っている人もいましたよ。
ゆる〜い雰囲気がいい感じ♪


「花憂い」

「荒波」



視線をテーブルからスペースの壁面に向けると、さまざまな平面作品がずらり。
こちらの作品は表面の盛り上がりが作品に独特の魅力を増しています。
日本画でよく使用される胡粉(ごふん)が用いられているのだとか。
学生さんに教えていただきました♪


会場風景




EAST館2階はスペースにブースがギュッと並ぶフロアになっています。

展示作品は、作風や手法も千差万別のオールジャンル、
学生さんそれぞれの個性が滲んでいるのが印象的で、
若いパワーと才能に満ち溢れていました♪

ぜひ1つ1つのブースを回ってお気に入りの作品を見つけてくださいね。

- - - - - - - - - - -

女子美術大学
女性に対して高等教育機関における美術教育への門戸が開かれていなかった明治33(1900)年に、「芸術による女性の自立」、「女性の社会的地位の向上」、「専門の技術家・美術教師の養成」を目指して、美術教育をおこなう学校として創立。


大学公式サイト : http://www.joshibi.ac.jp
展示公式twitter : https://twitter.com/joshibifair

- - - - - - - - - - -

展示スペースはこちら⬇︎