このブログを検索

『第4個展』 板垣太郎


『第4個展』
板垣太郎
2019.7.1-2019.7.8
[WEST アートポケット]

板垣太郎さんの令和元年初の個展が開催中です。
ペンで緻密に重ねられた作風は、画面に不思議な揺らめきを起こし、まるで陽炎のよう。
遠い郷愁を思い起こすような板垣さんの作品を写真とともにご紹介致します。



真横に走る横線、おそらく電線でしょうか。その隙間から覗くようにみえる赤い屋根と大きな入道雲、波止場の景色が見えます。
作者の家の窓からの景色でしょうか。電線の歪みとアングルに生活感の滲みを感じます。



































海に沈む太陽と、水平線の際、水面に反射する太陽の光、少ない色彩数、円と直線
でのシンプルな構成ながらも光の反射の表現など細やかなこだわりが感じられます。

板垣さんの絵は非常にシンプルでありながら、音と匂いを伴った情景が目の前に浮かぶ
そんなリアルさが感じられます。
また板垣さんの絵の前に立つと、騒めき立った心がすっと静まっていくことを感じます。

日常の景色を空気まで切り取った板垣さんの展示は7月8日まで。
どうぞお越しください。


>>>スペース詳細はこちら

staff minako