このブログを検索

企画展『にゃんこ展8』 EAST : 201 スペース紹介!


『にゃんこ展8 -meow exhibition vol.8-』
A、B、Cブース
2019.1.6-2019.1.12
at EAST 201

毎年アットホームな雰囲気が自然と出来上がるEAST201のスペース。
今回は3組のにゃんこ作家たちが出展中!

それぞれ個性の全く違った作品が大集合しています。




西浦 康太




昨年同様201のスペースで出展の西浦さんの作品。

とてもリアル描写ながら、ぱっと見てどんな手法から作られている作品なのか、目を凝らしている来場者が多いです。

これはねんどを紐状に、いくつもの線で構成されている立体作品。
線画のように見せますがとんでもないプロセスで作品が作られています。




横から断面を見てみるとなんとなく制作過程の特徴がわかります。
本当に途方も無い作業を経て一つの作品ができあがっているのです。




原画作品も購入可能ですが、その原画をもとにこんなオシャレな雑貨も展開。
筆者もお気に入りでトートバッグにつけてます。
ブローチやアクセサリーで西浦さんの作品を気軽に身につけることができるので、ぜひ実物を見にいらしてください。



 

猫渕さん 『ゆるーく、楽しーく、生きるのニャー』




猫渕さんはベージュとオフホワイトのブチがチャームポイントの、「ねこぶち言葉」を話す、不思議な猫。

もともとアパレルショップなどに展開するTシャツから生まれたキャラクターで、しまむらなど大手のアパレル量販店などでも販売しておりますが、昨年から雑貨としても数々の猫渕さんシリーズを展開し始めたのだそう。

いわゆる猫グッズとしての歴史は1年未満ながらも、今回のにゃんこ展ではさまざまなグッズが並んでいます。




文房具は一部作品がセール価格となっている模様。
ノートやペン、マステなど普段使いの文房具を猫渕さんでトータルコーディネートするのもありです。




小物だけではなく、こんなかんじのデイパックまで!
さり気なく猫渕さんのワッペンがあしらわれていたり、猫耳がついていたりと、こちらもにゃんこ好きにはたまらない仕様となっています。

この他Tシャツやこぶりなバッグなどもあり、さながらセレクトショップのような楽しいブースとなっております。

https://xn--28j2a8ayb.com/



アトリエほっかむ 『ほっかむねこ展』




こちらは一昨年前に熊本から東京へ活動拠点を移したイラストレーターmiuさんによる「アトリエほっかむ」のブース。こちらもバッグからステーショナリーからコースターなどなど、ここだけで一つのセレクトショップのようなラインナップです。




miuさんの手がけるアトリエほっかむは、「ほっかむねこ」を中心としたグッズを展開。
「ほっかむねこ」はmiuさんの描く世界観から生まれたキャラクターで、もともとはキャラクターありきで生み出されたキャラクターではないのだそう。

こちらの作品を見ても分かる通り、画面の中に物語が凝縮され一つの物語が展開しているような大作イラストの中に「住んでいる」生き物たちは、なにかしらかぶりものをしています。

作品を描いているうちに「生き物に何かをかぶせるのが好き」だということに気づき、独立したキャラクターとして生まれたのが「ほっかむねこ」なのです。




絵の中に生活の匂いやストーリーが見えてくるような作品を描くのがmiuさんの作品の特徴。
ほっかむ猫が何か買い物をして荷物いっぱいに歩いている様子は、まさにそんなmiuさんの象徴するものかもしれません。

グッズはもちろんイラストさくひんも見応えがあるので、ぜひブースで見てみてください。

http://hockam.com


開催中 : にゃんこ展8  -meow exhibition  vol.8-


開催日時:2019.01.06()〜 01.12() 1週間
開場時間 : 11:00 - 20:00
【作家毎に開場時間は異なります 。最終日は午前中のご来館をお勧めします】
開催会場:DESIGN FESTA GALLERY WEST & EAST 1F/2F
入場料:無料