東京家政大学グラフィックデザインゼミ展 [EAST 101-b:3/10-3/13]


東京家政大学グラフィックデザインゼミの皆さんによる、卒業目前、最後の展示会を
ご紹介します!
かわいいモノや雑貨好きの方、必見ですよ!!





展示されている作品は卒業制作が中心となっています。
雑貨、イラスト、アクセサリー、雑誌など、コンセプトも表現方法も様々。
一部ご紹介させていただきます!

『talif』
futari + life = <talif>(たりふ)
忙しい毎日の中でもふたりの時間を楽しく過ごしてほしい、という想いから生まれた
ペア雑貨専門ブランド。<ビールと枝豆> <肉まんとマフラー>など、納得の
ベストカップルがモチーフになっています。

エプロンやマグカップなど日常的に使用するもだからこそ、遊び心あふれるデザインが
目に入るとうれしくなりますね。
(これを見ていたらケンカもしなくなりそう!)

『armeria -アルメニア-』
妊婦さんや肌の弱い人へ向けた、紙からうまれたアクセサリー。
ウエディング用の首飾りは本当に紙のみでつくられていて、異なった素材の重なりや
細やかなカッティングがとても綺麗…
実際に着けると少し華奢かも?と思いましたが、モデルさんが着用しているカタログを見ると、繊細ながらちゃんと存在感もあり、とても華やかでした!

普段使いできる指輪やブレスレットはニスで少しコーティングして強度を出しています。
シンプルで着るものを選ばず、さりげなくドレスアップしてくれる。優秀です。

折り紙のブローチは模様から印刷されたそうです。ニスでコーティングされているので、やわらかそうな見た目とのギャップを楽しんでみてください。

『一丁目靴下』
https://twitter.com/1_kutsushita
「日本を もっと 好きになる。」日本の日常の風景や昔話をモチーフにした靴下。
<銭湯のタイル> <糸引き飴> <かまくらの波> <七輪で秋刀魚>etc・・・
飾らない、でも愛おしい日本の風景がかわいらしくデザインされていて、
全種類揃えたくなってしまう・・モチーフの目のつけどころもニクイんです。

スタッフ2名、購入即決しました!
購入するとリーフレット&かわいい紙袋に入れてもらえますよ〜

『一丁目靴下』の久保田さん、『armeria』の萬田さん、『talif』の酒田さん。
(『別冊 若毛伝説』前にて撮影)

現代のひとたちがかかえる悩みや問題に着目するポイント、さらにそれらを楽しもうとするコンセプト設定。皆さんの感性の鋭さを感じられるすてきな展示会です。
今回が学生最後の展示会とおっしゃってましたが、ぜひ今後のご活躍にも期待したいと思います!

東京家政大学グラフィックデザインゼミ展 最終日は19:00まで。
お見逃しなく!!

DF STAFF nakagawa