森本悠生 『産まれちゃったんだからしょうがない』


森本悠生
 『産まれちゃったんだからしょうがない』
2016.2.6 - 2016.2.11
[WEST 2-D]

「僕は自分以外の何かになろうとした

でも何にもなれなかった

たとえ破滅の道だとしても進まなくてはならない」

少し破壊、少し衝撃。
目の刺激を受ける空間はここにしかない。
作家の森本悠生さんの独特な狂い世界へようこそ。





部屋に入ってみると、びっくり!


不思議な空間。



床には、破った紙屑が散らかってるというより、
どこかの力を発散したような感じがします。

思い出でもない。
怒りでもない。
ただ何かしたい







毒々しい精密な絵画作品。
絵の中の世界が動いてるように見えます。




それぞれ個性が持っていて、
一枚一枚の作品には、何かを伝えたいとの思いを感じます。




中に入ると、絵に囲まれるように、
どこの壁でも、いたるところに作品が貼られています。




裂けたギターが床に倒れています。
切られた弦から悲しい音が流れてきたのかのようです。






平面の紙から飛び出してしまうような立体感と爆発力のある絵。
危険を感じる。



胸がドキドキしてしまうほど、
大胆的な表現と色合いがあってとても魅力的です。
ジーと見ていると吸込まれそう。


展示は2/11(木)まで!是非このチャンスをお見逃しなく!


森本悠生
https://www.instagram.com/lennoman2




【出展スペースはWEST2-Dです!】


DFstaff jessie